女性看護師の出産前後の就業、妊娠中・産休・育児休暇の過ごしかた、職場復帰に向けた保育園・復職の準備、その後のキャリアアップについて実体験を元に掲載しています。

女性看護師が転職で求人・転職サービスを利用する3つの理由

求人紹介サービスを利用する3つの理由

気づけば周りの看護師、転職では人材紹介会社を利用してる。なにがいいの?デメリットは大丈夫?人材紹介サービスの特徴をまとめました。

転職支援サービスを利用する3つのメリットを紹介!

1.よりよい求人情報をゲットできる

IMG_6053.jpg約10年前から看護師の転職で主流となった‘転職支援サービス’。その背景には医師や看護師不足対策の1つ、医療業務の効率化があります。病院は医療・経営に専念し、事務や人事など総務系業務を他の会社に委譲する役割の整理です。病院が行っていた業務の一部ですから、病院から人材紹介会社へお金は支払われますが、雇用関係となる看護師は無料で利用することができます。

看護師が利用する大きなメリットの1つに、よりよい求人情報を得られることがあります。このような限定された範囲の求人情報を‘非公開求人’といいます。


非公開求人ってなに?
看護師の求人に限らず、例えば不動産業界にも同様の‘非公開物件’が存在します。
魅力的な不動産物件には問い合わせが集中します。この問い合わせを受ける側も一苦労!
なのでお金をもった富裕層や業績の良い会社に限定し、募集をかけます。
欲しい人や会社がすぐに見つかり、審査も楽々クリア☆
不動産業者は時間も問い合わせを受ける手間もかけず、有力な買い手をすぐに見つけることができます。

看護師の転職も同じ話です。
条件や報酬、内容が魅力的な求人に、応募が殺到します。電話を受けるだけで1日が暮れてしまいます。
そこで病院側が欲しい条件を熟知し、病院にかわり条件に合致した看護師に限定し声をかけます。
後日、看護師と病院の担当者が面接し、雇用関係が成立☆
人材紹介会社は病院が欲している看護師さんを、看護師さんも働きたい環境が整い、看護が活きていきます。

病院側が欲しい条件を熟知’と書きましたが、もはや人材紹介会社は病院の一部です。
病院も委託していることからわかるように、信頼関係が築けています。
人材紹介会社の営業は病院に出入りしており、紹介した看護師のその後もサポートしています。
だから募集がかかった科や病棟の、人間関系まで見えています。
人間関係に悩んだ結果、転職を決めた看護師が1番気になる情報でもあります。
そして病院が提示した勤務条件にマッチしているか、中立の立場からチェックしてくれるので
病院の回し者っていうわけでなく、公平なジャッジをしてくれる存在でもあります。

「看護師を紹介すれば、仕事になる!」と一気に需要が高まり、正直、コンサルティングの質が落ちてしまった時期がありました。
「え?また同じA病院からBクリニックに人が移ってきた」といった具合。流れ作業のように。
しかし近年、病院やクリニックは転職後の看護師の定着率(辞めず継続して勤務してくれる率)を重視しています。「覚えて慣れたことに辞めてしまった」では、双方にとって1つもいいことはありません。
転職支援会社は、紹介した看護師が継続して勤務できるかどうか、見極めるチカラをつけています。安心して利用することができます。

2.自分にマッチした転職条件を発見できる

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_m.jpg転職には、必ずといっていいほど迷いが生じます。ママ看護師ともなると安定、勤務時間、報酬の3つのバランスが整っていることがマスト。ここに有給のとりやすさや残業の有無、キャリア形成や勤務場所といった付加要素が肉付けされるイメージです。

ママ看護師で難しいのが、どの雇用条件を優先するかの順番づけ。ここで希望する転職先が変わってくることをわかっていても家族がいるため、決めかねてしまうのです。ここで転職支援会社のコンサルタントの出番です!


コンサルタントって?
人材コンサルタントとは、転職を希望する看護師の要望をカタチにしてくれます。質問を重ね、話で出たキーワードを元に潜在的な要望まで引き出します。熟年コンサルタントはさまざまな転職に携わって感もするどい。
(え?そんなこと考えたことなかったけど、いいかも…)
といった具合に、転職サポートのプロフェッショナル。
「来年お子さん、就学するんですね!旦那さんの帰宅時間も考慮して…」といった具合に、多角的な視点でよりよい転職先を探し、サポートしてくれます。

3.面倒な手間がかからない

4583e80bf6601258f0eb5bd29d00db38_m.jpg看護師は重労働、シフト勤務と不規則な生活の中で育児を家事をこなします。ママ看護師の転職でよく聞くのが「転職サービスがなかったらしなかったかも…」。
ここでは転職支援をつかうことで楽になる、転職活動をピックアップします。

  • 自分でパソコンとにらめっこして、求人情報を探さなくてもいい
  • 切り出しにくい勤務条件(労働時間・報酬)をこっそり相談し、調整してもらえる
  • 履歴書や面接クリアのポイントを(服装なども含め)事前に把握できる
  • 履歴書や看護師免許などの必要書類、面接の日時の調整がスムーズ

ママ看護師の毎日は時間との戦い!1分でも無駄にできません。そしてパソコンが苦手な女性も多い中、必要情報や書類の用意をバックアップしてくれる支援会社は大きな存在になります。
実際には初めの1回、転職支援会社へ行き直接担当のコンサルタントと話をします。そこで都合のいい連絡方法や時間帯を調整し(メールが多いですね!)、いい求人があったらスマホで確認し、電話でやりとするつ流れになります。
ママ看護師の転職では内見を独自で行ったり、同僚や同期の情報網で評判を聞いたりすることも少なくありません。面接は同時期(1ヶ月以内)で1~3つ受けるのが一般的です。